秋の置賜自給圏 共同購入 第5回目 今回のおすすめは、クリスマスに向けての鶏やチーズなどです!

置賜自給圏の共同購入 第5回目となりました。

今回のテーマは「クリスマスのご準備にいかがですか?」です。

 

●「小野川の豆もやし」

小野川豆もやし研究会(米沢市)が小野川温泉で栽培する米沢を代表する在来品種の野菜です。水から煮るのが美味しさの秘訣で、シャキシャキとした食感が特徴です。冷汁や鍋、みそ汁の具としていかがですか。

(商品№7 200g 340円税込 冷蔵でのお届け)

 

 

●「生しいたけ」

山形おきたま産直センター(南陽市)が施設内にて菌床栽培したしいたけ。肉厚で食味が良く、鍋物や炒めものなどにおすすめです。

(商品№8 200g 425円税込 冷蔵でのお届け)

 

●「ナチュラルチーズ4種セット」

ヤマラクフーズ(南陽市)ご提供で、生産者は明通りチーズ工房(秋田県)。モッツァレラ、さけるチーズ、カチョカバロ、スカルモルツァのナチュラルチーズ4種の詰め合わせ。すべて良質な生乳を100%使用し、殺菌温度63度で30分の低温殺菌となっております。

(商品№1 4種セット 2,268円税込 冷蔵でのお届け)

 

●「ゴーダチーズ」特別規格1kgサイズ

ヤマラクフーズ(南陽市)ご提供で、生産者は全酪農(東京都)。良質の原乳から作られた、風味豊なゴーダチーズ。特別規格の1kgサイズです。オードブルやシュレッドにどうぞ。

(商品№2 1kg 3,629円税込 冷蔵でのお届け)

 

●安全・健康・環境「米沢郷牧場の鶏肉」

米沢郷牧場(高畠町)からのご提供。クリスマスの定番です。

鶏骨付きもも肉、鶏チューリップ(肉を骨から一部離して裏返し、骨を手で持って食べやすくしたものを「チューリップ 」と呼びます)、鶏一羽(中抜き)

 

他にも沢山の置賜産の美味しいものがそろっています。ぜひカタログを一度ご覧ください。

 

→「共同購入ページへ」お申込みの締切は、12月4日(金)です。

 

自給圏の共同購入とは何でしょうか?

自給圏の会員の皆さんが自給圏の会員となっている生産者から置賜の生産物を購入し、

置賜の自給率を高めていこうとする運動です。

最初は食が中心ですが、徐々に食以外の生産物、特産物も扱っていきたいと思っています。ぜひ、皆さんからもご自慢の生産物をお知らせくださいね。 

(担当:髙橋 尚 常務理事 電話:090-5842-2498)

ダウンロード
置賜自給圏ニュースVOL.5
okjNews05.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 391.9 KB

秋の置賜自給圏 共同購入 第4回目 今回のおすすめは、高畠町の屋代郷さんのお米、レインボープランの豆腐、おきたま100%の丸大豆醤油など

置賜自給圏の共同購入 第4回目となりました。

今回のおすすめは「高畠町の生産者、屋代郷さんのお米」と「レインボープラン認証大豆でつくられたもめん豆腐」と「おきたま産100%の原材料で作られたこだわりの丸大豆醤油」です。


●「屋代郷のお米」

~明日への夢ある未来型農業を目指し、次世代へつなぐ~主食水稲の主力品種を古くから特別栽培米主体としたほか、水稲7品種の生産を行い、品種の特性を生かした生産技術をもって、満足して頂ける価値の有るお米づくりをしています。今回は「あきたこまち」と「ミルキークイーン」をご提供します。(商品№4、5)


●「レインボープラン認証大豆のもめん豆腐」

世界的に有名な長井市のレインボープラン。家庭の生ゴミを堆肥化し農産物をつくり循環の輪を作ってきました。そのレンボープラン認証大豆(里のほほえみ)で作られたお豆腐です。(商品№21)


●「おきたま産100%手づくり丸大豆醤油」

ついに取り扱うことができました。とにかく手に入らず「幻の醤油」と呼ばれた置賜が誇る醤油です。手づくり。2 年間醸造。原料は、置賜産の農薬を使わない大豆(里のほほえみ)、小麦(ゆきちから)、天日塩。

おきたま自然農業研究会(米沢市)が丹精込めて作ったお醤油です。1.8 ℓびん消費期限:180  日間1,620円(税込1,750 円)(商品№27)


他にも沢山の置賜産の美味しいものがそろっています。ぜひカタログを一度ご覧ください。


→「共同購入ページへ」お申込みの締切は、11月20日(金)です。

 

自給圏の共同購入とは何でしょうか?

自給圏の会員の皆さんが自給圏の会員となっている生産者から置賜の生産物を購入し、

置賜の自給率を高めていこうとする運動です。

最初は食が中心ですが、徐々に食以外の生産物、特産物も扱っていきたいと思っています。ぜひ、皆さんからもご自慢の生産物をお知らせくださいね。 

(担当:髙橋 尚 常務理事 電話:090-5842-2498)

ダウンロード
置賜自給圏ニュースVOL.4
ojkNews04.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 394.3 KB

秋の置賜自給圏 共同購入 第3回目 今回のおすすめは「置賜のラ・フランス」と「しまさき農園の有機米」!

置賜自給圏の共同購入 第3回目となりました。

今回のおすすめは「置賜のラ・フランス」と「しまさき農園の有機米」です。

南陽市の生産者島崎眞吉さんが美味しい果実、良い樹を育てるために健康な土をつくりました。有機肥料と微量成分をバランスよく施用した、絶品のラ・フランスと有機米です。ぜひ、一度お試しください。置賜圏外の会員の皆様にも宅配便を使いお届けいたします(送料は別途かかります)ギフトとしてもお使いください。


他にも、葉とらずりんご、りんご王林、どんぐり椎茸、岡の台ごんぼ、ほうれん草、長ねぎ、里いも、メークイン、チンゲン菜、みず菜、大根などの秋野菜や紅大豆クッキー、うまみそあげ、へき地田楽(みそ味)、なめらかプリン、放牧酪農牛乳、放牧酪農ヨーグルト、梅干し、手前みそ、米沢牛肩ロース(すきやき用)、鶏肉(もも肉、むね肉、ひき肉)など季節の置賜自給圏会員生産者の産品を揃えております。

ぜひ一度、カタログをご覧ください。

お申込みの締切は、11月6日(金)です。


→「共同購入ページへ」

 

自給圏の共同購入とは何でしょうか?

自給圏の会員の皆さんが自給圏の会員となっている生産者から置賜の生産物を購入し、

置賜の自給率を高めていこうとする運動です。

最初は食が中心ですが、徐々に食以外の生産物、特産物も扱っていきたいと思っています。ぜひ、皆さんからもご自慢の生産物をお知らせくださいね。 

(担当:髙橋 尚 常務理事 電話:090-5842-2498)

ダウンロード
置賜自給圏ニュースVOL.3
ojnewsVOL3.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 395.7 KB