【後藤幸平】2014年11月3日(月)第17回 いいで秋の収穫祭 開催!

飯豊町秋の収穫祭
前回の秋の収穫祭の様子

皆さん、こんにちは。置賜自給圏推進機構 常務理事であり、飯豊町長の後藤幸平です。2014年11月3日(月)文化の日に「第17回いいで秋の収穫祭」を町民総合センター「あ〜す」で開催いたします。

テーマは「にぎわいあふれる ふるさとの秋」〜森と大地の恵で いいでの秋を再発見〜 です。豊かな緑と水、美しい田園風景を含む自然の美に恵まれた飯豊の地域特性を活かした農林業の生産活動において、実りの秋を迎え、農林産物の数々を幅広く結集させ収穫の喜びと感謝の心を込め地域農業の振興に資するため、いいで秋の収穫祭を開催いたします。

私、後藤幸平が実行委員会会長を努め、置賜自給圏も参加しPRします。

ぜひ、皆さん秋の色美しい飯豊町にお越しください。

●いいで秋の収穫祭ご案内 ↓

http://yamagatakanko.com/eventdetail/?data_id=2912


【後藤幸平プロフィール】

昭和26年1月萩生生まれ。昭和49年早稲田大学社会科学部卒。同年よりマルシチ米穀に入社し、「米と自然の探遊館」の建設や「生産者の顔が見える米」の販売など、精力的に飯豊産米のピーアールと販路拡大に努める。また、町教育委員、町振興審議会委員、町農政審議会委員、町商工会理事などを歴任し、教育から産業まで幅広く町の政策や課題に意見を述べてきた。母と妻、長男の4人暮らし。深刻な問題である「人口減少に歯止めを」などの公約を掲げ、飯豊町長選挙初当選を果たす。◇趣味/写真と愛犬◇座右の銘/人生に夢があるのではない。夢が人生をつくる。◇尊敬する人物/内橋克人(経済評論家)◇自分の性格を一言で言うと/探検家タイプ(飯豊町ホームページより)